声優志望の学生はなぜ就職に強い?

tyuka170809-0106_TP_V (1)

専門学校の学生というのは、専門分野に特化した勉強をしていることもあり、他業界への就職活動に苦手意識を持ってしまいがちですよね。
「つぶしが効かないから苦労するのではないか」と、一般的な学生よりも焦ってしまう人が多いのではないかと思います。
声優志望の学生の場合は特に焦ってしまうかもしれませんね。エンタメ業界の中でも特に競争率の高い芸能の分野に挑戦しようとしている皆さんは、進路に大きな不安を抱いていると思います。
しかし驚くべきことに、声優志望の学生は様々な方面への就職に強いと言われています。
一体どうして声優志望の学生が就職に強いと言われるのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

他分野内定が多い声優学科の学生

声優を夢見てアニメ専門学校に入学する学生はとても多いです。その中には、何らかの事情により一般企業への就職活動をする学生もいるようです。
さらにその中には、その分野を主に勉強してきた学生と同じかそれ以上に内定を取ってしまう人もいるそうなんです。
たしかに声優学科では実技的な指導に加えて、挨拶や礼儀に関しての指導も徹底されています。そこには、芸能の世界では実力のみでなく、コミュニケーション能力などの対人関係を築く能力がかなり大きく作用してくるという理由があるようです。
しかしなぜそれだけで声優志望の学生は就職に強くなるのでしょうか。

就活をする学生に今、求められていること

コミュニケーション能力というものは、企業が新入社員に求める資質の上位に常にランクインしています。企業は今、コミュニケーション能力に優れた学生を求めているわけです。
声優志望の学生には、演技中の他役者との掛け合いや自己表現のおかげで人並み以上のコミュニケーション能力が身についていることが多いです。
それが就活の際には、企業の人事部にしっかり評価されるのです。

まとめ

声優系学科のよう専門分野を主に学んでいる学科の学生は、就職の際に苦労すると自ら思ってしまいがちです。
しかし学校の専門的なカリキュラムの中で就活に活きる能力が身についている可能性も大いにあります。
自分の能力を見つめ直し、諦めずに可能性を見出すことを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする