アニメ業界志望の人が学生のうちに知っておくべきこと

HW20160702265616_TP_V (2)

アニメ専門学校はアニメ制作の知識や技術を学ぶために行くところです。そこに間違いはないし、異論もありません。
しかし、ではなぜアニメ制作の知識や技術を身につけるのかといったら、それはアニメのプロの世界で生きていくためですよね。
アニメ専門学校は、アニメーターを目指す人がプロになる前の、最終経由地なのです。
アニメ制作のプロとして働き始める前に、実は知っておくべきことがいくつかあります。アニメ制作の仕事を長く続けていくために、確認しておきましょう。

観察力がものすごく重要

アニメーターの仕事は、動きを作り出すこと。より自然な動きを作り出すためには、人をはじめ動物やモノ、自然現象などの様々な動きを注意深く観察することが必要とされます。
これは習慣や癖でもあるので、日頃いかに周りを見て観察しているかが重要になってきます。培った観察力は、いざプロのアニメーターになった時に大いに活用できるはずです。
人の歩き方や物の食べ方など、細やかなところまで観察し、それを絵に表す練習を学生のうちから意識してやっておくと非常に自分のためになるはずですよ。

アニメ業界の厳しさを覚悟せよ

一般的に見て、アニメ業界というのは非常に厳しい世界です。労働時間が長く、対して収入は著しく少ないのです。
そのため、志半ばで業界を辞めてしまう人が後を絶たないようです。
中には絶望してしまう人もいるかもしれませんが、自分が目指しているアニメ制作会社などの現状をよく調べて理解しておく必要はありそうです。
また、アニメ専門学校からインターンなどを紹介してもらって、実際に現場を経験できる場合には、そこでも現状をしっかり見てきて、ある程度の覚悟を作ることも必要かもしれません。

まとめ

アニメーターというのは非常に苦労の多い仕事です。しかしその分、精一杯やりきれば喜びが大きい仕事でもあります。
アニメ専門学校の学生であるうちに、自分の向かっている業界のことをしっかりと見極め、そこに向けてできることを始めていきましょう。
用意周到であることに越したことはありませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする