アニメ専門学校|採用されるポートフォリオ

アニメ専門学校を卒業したら、アニメ制作会社の採用試験を受けなければアニメーターにはなれません。
そしてその採用試験を受けるためには、ポートフォリオを用意する必要があります。
今回はアニメーターになるための第一関門・ポートフォリオについて考えていきましょう。


pexels-photo (10)

アニメ専門学校を卒業する前に・ポートフォリオについて

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは一言で言うと自分の作品集です。背景・デッサン・クロッキー・オリジナルイラストなどを一冊の本のようにまとめることで、自分の絵の実力を伝えることができます。
アニメーターの就職活動を行う際に提出を求められることが多く、事前に用意しておくとよいでしょう。

ポートフォリオに入れる作品数

ポートフォリオに入れた作品で就職が決まってしまう可能性が高いので、どのイラストを入れるか悩みますよね。
でも何枚ポートフォリオに入っていれば採用担当者は納得してくれるのでしょうか。
アニメ制作会社の採用担当者数名に聞いたところ、一番多かったのは「4点以上はほしい・5点はあってもいい」とのことでした。
さらにキャラクターだけでなく、背景やデッサンなど様々な絵があると審査も行いやすいようです。
熱意を伝えるためにも多めに作品を用意するとよいかもしれませんね。

ポートフォリオ1枚目で心を掴む

ポートフォリオ1枚目は色数が多い・細かく描きこんでいる・目を引く作品を載せましょう。ポートフォリオは第一印象が大事です。
1枚目で「おっ、この人うまいかも?」と思ってもらえれば、そのあとのイラストも興味を持ってもらえるでしょう。
自信のあるイラストを一番最初に持ってくるのは、ポートフォリオ制作の鉄則と覚えておきましょう。

まとめ

絵を描く仕事のアニメーターは、とにかく技術と知識・そして熱意が重要! それをポートフォリオで伝えなければいけません。
逆に学歴や経歴に自信がなくてもポートフォリオで高評価を受けられれば、アニメ制作会社に採用される可能性も高くなるので頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする