アニメ専門学校で学べる内容

アニメ専門学校では現場に出たときに役立つ技術・知識が学べます。アニメ業界の現場で即戦力として重要視される技術について丁寧に教えてくれますよ。
また実践的なカリキュラムも多く組まれているのでプロの仕事を理解することができます。
それではアニメ専門学校で学べる内容を詳しく知っていきましょう!


f400d11eaa990d231ca5158f66e0d38cefe95f7e

アニメ専門学校で学べる内容とは

授業内容

アニメ専門学校にもよりますが、カリキュラムの流れは基礎を学びつつ応用技術を身に付けていくというところが多いでしょう。
アニメーターを育てるコースであれば一年次にデッサンなどを行いプロとして通用するための画力を身に付けます。
またアナログとデジタルの両方を同時に学んでいくアニメ専門学校も多く、現場で必要とされるさまざまな技術・知識を学べます。
またアニメならではのパラパラ漫画の構造を学ぶ授業なども用意されます。

学校内イベントも多数

アニメ専門学校には、他にも「ノベルス・シナリオ学科」や「声優学科」が併設されている場合が多いです。
学校内イベントではそのように学科の枠を超えて、シナリオライター志望・声優志望たちとひとつの作品を本格的に作ることができるのです。
学校内イベントにはアニメ業界で働く人も多く訪れるので、就職への近道にもなるでしょう。

まとめ

アニメ専門学校ではアニメ制作の流れを身体で感じながら、基礎・応用技術を学ぶことができます。
アニメ専門学校の体験入学などに行くとより雰囲気がわかるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする