アニメ専門学校|業界に入る前に知るべきこと

アニメ専門学校では制作に関する知識や技術などを学びます。制作する楽しさを教えてもらえる所がアニメ専門学校ですが、プロとしての現実も教えてもらえると思います。
好きだけでは続けられる仕事ではない・でも好きじゃなくちゃ続けられない。
アニメ業界に入る前に知っておくべきプロの道を確認しておきましょう。


pexels-photo-238582

アニメ専門学校|業界に入る前に知るべきこととは

薄給である

アニメ業界は業種にもよりますが、駆け出しの頃はかなり薄給であることを覚悟しておきましょう。実力次第の業界なので一定期間仕事を続けると給料も上がっていきますが、給料が上がるまでの期間は生活も切り詰めなければいけないでしょう。
そのことを前提に置いて学生時代にアルバイトをして貯金するなど、対策を立てておくことをおすすめします。

長時間労働

モノづくりをする業界はどこも似ていますが、アニメ業界はとくに長時間労働です。残業が多いだけでなく会社に泊まることもめずらしくありません。
そのため自分の時間をとることができず、ストレスで体調を崩してしまう人も多いようです。仕事と自由な時間のバランスを保つことが難しいので、仕事を中心にした生活を覚悟しましょう。

納期がある

これもモノを作る仕事であれば当たり前ですが「◯日までに完成させてください」という納期が提示されます。
アニメ専門学校でも課題の提出日がありますが、プロになると納期は絶対です。これを破ると一気に信頼を無くし、スケジュールを崩す危ないヤツという認識を持たれてしまう可能性大。
もちろんわざと破ったわけではなくても、悪い印象を持たれてしまう……。
そんな嫌な想像が頭につきまとい、ストレスを感じる人は多々います。

まとめ

アニメ専門学校ではアニメを作る楽しさを学び、これを一生の仕事にしたいと思う人もいるでしょう。そんな志を持った人たちのおかげでアニメ業界は成り立っています。
そしてその志をキープするためにはプロの現場の本当の姿を知っておくことが大事。あらかじめ覚悟しておくことで業界に長くいられる人になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする