アニメ専門学校の種類について

JK92_hohohiji20150222103753_TP_V

アニメ業界を志す人のためのアニメ専門学校はいくつかあり、受験生はその中から選んでいきますね。
実はその中でも構造によって2種類に分けられることは知っていましたか?
それぞれカリキュラムや就活サポート体制が違い、適当に決めてしまっては「あっちの学校の方が良かった」となりかねませんので注意が必要です。
ここでは、アニメ専門学校の種類とそれぞれの特徴についてお話ししていきます。

アニメ専門学校の種類分け

アニメ専門学校は、単科系と総合学科系の2種類に分けることができます。
単科系の学校とはアニメの分野に絞った専門学校で、メディア系企業やエンターテイメント系企業が母体となっているところもあります。
総合学科系の学校は、アニメ制作だけでなく医療や服飾などあらゆる分野が複合した専門学校です。
例えば声優志望の学生のためのコースの場合、単科と総合学科どちらでも演技やボイストレーニングなどの実践的スキルを身につける授業はあるものの、その他の部分で違いがあります。その違いについて詳しく見ていきましょう。

単科型の場合

一般的な学校では、学生の就職活動のための就職課というものが設置されていますが、単科型アニメ専門学校の場合には「デビューセンター」といったようなものが設けられています。オーディションやプロダクションへの所属などに関して学生をサポートしてくれるところです。
卒業後の進路を声優という職業に絞っている前提であることが伺えますね。

総合学科型の場合

他学科公開授業など、様々な学科の学生がともに受けられる授業がカリキュラムの一部に組み込まれていたり、資格講座を開いていたりと視野を広げた授業展開をしているようです。また、学校に企業を招待して行われる企業説明会なども開催しています。
自分の専攻する分野に絞るのではなく、多方面への就職を想定した学習環境、就活環境が整っていると言えますね。

まとめ

単科型のアニメ専門学校の場合、声優という職業に絞ってより深く専門的な学習ができるのに対して、総合学科型のアニメ専門学校では複合型の強みを生かした、多方向へ目を向けた学習ができるようです。
また就職活動の面でも、単科型は業界を絞って狙っていく体制を採っているようで、一方総合学科型はあらゆる方面への就職を視野に入れた就職活動ができるようですね。
声優志望の方々も人によって様々な志向がありますから、自分のやり方に合ったサポートが望める学校を選ぶことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする