専門学校を奨学金を利用して通うには

アニメ専門学校に通いたいけれど学費の問題が……そんなお悩みを抱えている方は各専門学校の学費サポート・奨学金制度をチェック。
専門学校でも奨学金制度を設けて、学びたい人を支援してくれるところはたくさんあるんです!
さっそくアニメ専門学校の奨学金制度について知ってみましょう。


7DF5CC19A6

奨学金を利用するメリット

奨学金を利用するメリットはふたつ。ひとつめは学費が払えずに専門学校などへの進学を諦めなければいけない人が少なくなること。
ふたつめは奨学金を受け取ることで授業料を用意するための負担が減り、勉強に集中できるようになることです。
経済的に進学が難しい人でも、奨学金を受け取ることで負担が減り技術と知識を身に付けて希望する仕事に就ける確率が上がります。

専門学校の奨学金とは

専門学校の奨学金は大きく分けて三種類です。

①日本学生支援機構の奨学金

予約採用 高校在学中に学校を通して申し込む。
在学採用 専門学校に入学してから申し込む。

予約採用と在学採用では少しずつ条件が変わります。

②地方自治体の奨学金

地方自治体によって奨学金制度を実施しているところがあります。必要になる成績・家計の基準などはそれぞれ異なるのでまずは公的機関で聞いてみましょう。

③専門学校独自の奨学金

専門学校が独自に奨学金制度・学費サポートを行っている場合もあります。願書と一緒に個人的に制作した作品などを提出して実力を認められれば授業料が一部免除される場合などがあります。
専門学校ごとに条件などが違うので確認しましょう。

奨学金が利用できる人・できない人

奨学金が利用できる・できないは家計と成績が関わることが多いでしょう。
日本学生支援機構を例に挙げてみます。

申し込み資格

専修(専門課程)に進学を希望していて下記いずれかに当てはまる人

  • 3月末に高等学校または専修学校(高等課程)を卒業予定の人
  • 高等学校または専修学校(高等課程)を卒業後、二年以内の人で大学・短期大学・専修学校に入学したことのない人
  • 高等学校卒業程度認定試験または大学入学資格試験に合格した(大学入学経験者は除く)・科目合格者で日本学生支援機構の定める基準に該当または出願者

日本学生支援機構の奨学金を申し込むための資格基準を見てみると、まずは一定の学力を身に付けていることが重要視されているように思います。
高校を卒業していなくても高等学校卒業程度認定試験などに合格していれば、十分奨学金を受けることができるんですね。

利用するにはどうしたらいいか?

予約採用の場合

予約採用は原則的に在籍している学校を通して行うため、学校の先生に話をするところから始まります。

進学前
  1. 学校で募集を確認
  2. 申し込み
  3. 日本学生支援機構での選考
  4. 採用候補者決定通知
  5. 国の教育ローン申し込み
進学後
  1. 進学届けを学校へ提出
  2. 採用の決定・通知
  3. 変換誓約書を提出
  4. 奨学金振り込み
在学採用

在学採用は専門学校に入学してから申し込みをし、学内選考があるのが特徴です。

  1. 学校の奨学金申し込み時説明会に出席
  2. 確認書類・必要書類を学校へ提出する
  3. JSASから識別番号を受け取り、スカラネットから奨学金申し込み
  4. 学内で推薦者選考を行う
  5. 日本学生支援機構の選考・採用決定
  6. 学校の奨学金採用時説明会に出席
  7. 返還誓約書を提出
  8. 奨学金振り込み

(出展)日本学生支援機構公式サイト
日本学生支援機構の奨学金を利用したい場合は、各担当機関に問い合わせをしてみましょう。専門学校独自の奨学金制度などは公式サイトなどに掲載されていることが多いです。

奨学金を利用する上での注意点

奨学金を利用する際にまず注意しなくてはいけない点は、「いつ支給されるのか」という点です。
奨学金を受け取れることになったからと言っても、安心してはいけません。
なぜならほとんどの奨学金は入学した4月以降に支給されるから。専門学校に入学するためには2~3月に入学金や前期の授業料を納めなくてはいけません。
入学金や前期の授業料を納めるためには、奨学金だけに頼るわけにはいかないんですね。

まとめ

アニメ専門学校に行きたいけれど学費が用意できない……というお悩みを抱えている方は、まずは奨学金制度について知ってみましょう。
学費が払えないからと言ってアニメ専門学校への進学を諦める必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする