アニメ専門学校とアニメの大学を比較する

以前はアニメの技術・知識を学ぶ場所=アニメ専門学校という考え方が主流でしたが、最近ではアニメについて学べる大学も増えてきています。
ではアニメ専門学校とアニメの大学の授業はどのような違いがあるのでしょうか?
アニメ業界に進路を進めるために知ってみましょう!


macbook-692573_1280 (1)

アニメ専門学校と大学のそれぞれの良さ

アニメ専門学校の良さ

短期間で技術・知識を凝縮

アニメ専門学校は修業年数が2年や3年の場合が多く、短期間の間にプロの現場で必要とされる知識・技術を凝縮して学ぶことができます。
即戦力として必要とされる能力をプロたちから学べるので、将来の夢がはっきり定まっている人にとっては目指す職種への最短コースになるでしょう。

実習が多い

アニメ専門学校は短期間で即戦力を身に付けなければいけないため、実際に身体や道具を使うカリキュラムが多く組まれています。アニメ制作の技術そのものに興味がある人にとっては学ぶことが多い環境と言えるでしょう。

アニメの大学の良さ

大学卒業の学歴が持てる

アニメの大学を選ぶメリットのひとつは、大学卒業という学歴を持てることでしょう。アニメを学んでいるうちに、様々な業界に興味を持ち卒業時には他業界への就職を希望することもあると思います。
その際「大学卒業以上」の学歴を求められることがあります。
大学という学歴は就職の幅を広げてくれるでしょう。

長期間在学するので知識・技術をじっくり学べる

アニメの大学は2~4年制であることが多く、専門学校に比べると在学期間が長いのが特徴です。そのためひとつひとつの技術・知識を学ぶ時間をとることができ、理解を深めることができるでしょう。

アニメを学べる大学とは?

学校によって変わりますが、アニメを学べる大学のカリキュラムは1・2年次にアニメに必要な画力・物語制作の基本・専門機材の扱い方などを学びます。
3年次により専門的な技術を習得しながらコミュニケーション能力を高め、ビジネスマナーなど社会で必要なスキルも学んでいきます。
そして4年次に総仕上げとして作品制作・論文執筆などを行います。
3年次にアニメ特有の「絵を動かす技術」を学び、1・2年次は物語の作り方などの知識を深めることに重点を置くことが多いようです。

【専門学校と大学】卒業生から見るキャリアの違い

卒業生の進路を比べてみると、アニメ専門学校卒業生の多くがアニメ制作に直接関わる仕事に就いていることがわかります。
一方アニメの大学卒業生はアニメ制作会社への就職のほかに、企画会社・イベント関係・広告代理店・キャラクター商品展開とアニメを売り出す仕事に就いている人も多数いるようです。
アニメの大学では「アニメ制作の技術」だけではなく、アニメ市場についても深く学ぶので就職する際に考え方も広がるのかもしれません。

結局アニメを学ぶならどちらがおすすめ?

もし「アニメ作品を作りたい」と思っているのであれば、やはりアニメ専門学校で即戦力で通用する技術・知識を学ぶことをおすすめします。
もちろんアニメの大学でもアニメ制作の知識・技術を学ぶことはできますが、すでに専門分野へ進むことを決めている人にとっては実習が少ない・もっと環境の整っている場所で学びたいと感じてしまうかもしれません。
より専門的なアニメ制作の技術・知識を学びたいのであれば、アニメ専門学校を調べてみましょう。

まとめ

アニメを視聴者に届けるためにはアニメーターなどアニメの制作に直接関わる人と、商品企画を立てて作品を盛り上げる人などがいます。
どのような職種でアニメに関わりたいかでも、アニメ専門学校・アニメの大学のどちらを選ぶかが変わってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする