【アニメ専門学校】認可校と無認可校を見分ける

アニメ専門学校には大きく分けて認可校・無認可校の二つがあります。それぞれにメリットがあり、どちらを選んだほうが良いかの基準は人によって分かれます。
アニメ専門学校の認可校・無認可校のポイントを知って、どちらが自分に合っているのかを考えてみましょう。


computer-768696_1280

認可校と無認可校のそれぞれの良さ

認可校のメリット

専門学校卒業という学歴がもらえる
学割が適用される
大学への編入学が可能
四年制専門学校の場合、大学院へ編入可能

無認可校のメリット

短い期間で終了するカリキュラムが多いため、短期間で知識を得て卒業できる
カリキュラムが短期間であるため、学費が安い場合が多い
自分が必要としている知識のみを学べるカリキュラムを選べることが多い
独自のカリキュラムを組めるので実習が多いなど、魅力的な授業内容の場合がある

そもそも専門学校とは?

専門学校とはおもに職業教育を行う教育機関のことを指します。特定された職業の専門知識・技術・資格を身に付けるためのカリキュラムや学科が用意され、現場で即戦力になれる人材を育てます。
専門学校のカリキュラムでは実習が組まれることが多く「頭だけではなく、実際に身体を使って覚える」授業が行われます。
また専門学校には中学校卒業者以上を対象にしている「高等課程」と学歴や年齢が不問の「一般過程」・高校卒業者以上が対象の「専門課程」など種類が分かれます。

認可校とは

認可校とは公的機関から設置を認可されている学校のことです。

認可を得るための基準

修業年限 1年以上
授業時間 (全日制)年間800時間以上(夜間)年間450時間以上
教員数 80人の生徒に対して3人以上の教員が必要
施設 校舎や校地を自ら所有している(借地などでない)
入学資格 高校卒業者・または同等以上の能力を有する18歳以上の者

認可を受けているアニメ専門学校

  • デジタルアーツ東京
  • 東放学園映画専門学校
  • 東京工学院専門学校
  • 東京アニメーター学院専門学校
  • 大阪アニメーションカレッジ専門学校 ほか

無認可校とは

無認可校とは、公的機関から認可を受けていない教育機関のことを指します。認可を受けるための条件を満たしていない、または公的機関に認可を受けるための申請をしていないと考えられます。

認可を受けていないアニメ専門の学校

  • 代々木アニメーション学院
  • アミューズメントメディア総合学院
  • バンタンゲームアカデミー
  • 総合学園ヒューマンアカデミー

見分けるポイント

専門学校として認可校・無認可校を見分ける一番簡単な方法は、学校名に「専門学校」がついているかついていないかです。
専門学校と名乗っていいのは認可を受けている学校だけなので「専門学校◯◯」「◯◯専門学校」という名称の場合は認可校だと思っていいでしょう。
逆に「専門アカデミー」「専門学院」などは無認可校である可能性が高くなります。

アニメ専門学校ならどちらがおすすめ?

アニメ専門学校を選ぶときに認可・無認可で悩む人も多いと思います。
もしアニメ業界で働いたキャリアが無く、学歴も足りていないと感じているのであれば認可校をおすすめします。
なぜならアニメ制作会社は実力主義とはいえ、採用試験を受ける際には学歴を問われる場合もあるからです。
アニメ業界である程度キャリアを積んでいるというのであれば、その実績を武器に就職できる可能性も高いですがもしそうでないなら学歴と技術・知識の両方を得られる認可されたアニメ専門学校をおすすめします。

まとめ

アニメ専門学校を選ぶときにはカリキュラムや学費などのほかにも、認可・無認可についても調べるようにしましょう。
自分がアニメ専門学校で得なければいけないものはなにかを考えながら、しっかりチェックしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする